*

活動

中高年はつらいよ

中高年になると過労やストレスなどにより、やる気や元気が出ないという人も少なくありません。男性の健康のカギを握るのは男性ホルモンです。男性ホルモンの代表的なものにテストステロンがあります。テストステロンの多い人は意欲や闘争心を駆り立てチャレンジ精神が旺盛です。

 

テストステロン値をアップさせるためには、食事、睡眠、運動の基本的なことばかりですが、それらを継続する必要があります。良い睡眠のためには、ゆっくり湯船に浸かるとリラックスしますので効果的です。タマネギやニンニクなどの抗酸化作用の強い食品も、酸化に弱いテストステロンの働きを助けてくれます。

 

その他には家族や友人とのお喋りや習い事などでもテストステロン値は高まります。オンとオフの切り替えを上手に行い、リフレッシュできれば健康的になれます。

 

 

しかし、女性の場合、中高年になると女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが優位になりやすくなります。そうなるとヒゲが生えたり薄毛になってしまうので注意が必要!

女性が薄毛になってしまったら>>

 

 


妥協しない

とうとう開始する時という場面では何よりも事前準備を怠ってはならない。

 

取引を行う前であれば出来事を合理的に見つめる事ができる余裕があります。

 

だけれども、トレードの内側に踏み込んでしまうと、どうやっても見解が主観的になりがちで、状況によってはしっかりとした状況判断ができなくなるリスクがあります。

 

それだけに自分自身の頭の中が合理的な場面で、しっかりと事前準備が大切なのだ。

 

その"準備"とは、あなただけの脚本を考える事から始めます。

 

明日からのあの通貨は下がる(または上がる)から米ドルを売買するというように、自分なりの筋書きを書いていきます。

 

次に大切なのはローソク足チャートをチェックしよう。

 

それまでの相場の推移を確認して、今現在の価格を確かめます。

 

そうすれば、「今は過度に安すぎる場面になっているな」など、そうでなければ「とっくにたくさんの人々がエントリーしているから、この後大急ぎでしかけても手遅れだな」などと判断できます。

 

無論しかけるのが遅すぎるなと感じたならば、エントリーしないで、そこのところはきっぱりと吹っ切ることが大事です。

 

どうあがいてもあなたなりの筋書きを妥協しないで新規エントリーすると、外国為替相場に跳ね返されてかえって損失を被ることになる可能性があります。

 

とは言うものの大体の状況で事前に準備している自身の台本を思い描いておけば、売り(または買い)がやりようがないという状況にはならないと考えます。

 

現実にマーケットが上下動する前のはずだから。

 

次は、とりあえずあなた自身が取引しようと考えているポジションの動きを、チェックすることが重要です。

 

もしも、ドル高に向うはずだという脚本を作ったのであれば、その外貨の動きに気をつけておきます。

 

為替相場の変化を注目し始めた状況ではドルは目立って推移する雰囲気を見せず、上がったり下がったりちょっとした変化を繰り返しているだけだろう。

 

だが、その変化を注目していると、ある場面でじりじりと、円安の方向へと市場が推移し始めます。

 

そこで初めて、ドル円の注文をします。

 

通常は、これだけ十分に事前準備を考えておけば、その注文で利益を上げる割合は相当高くなります。

 


テスト

テスト記事です。